回収できる粗大ごみ、横浜編

回収できる粗大ごみ、横浜編

気を付けておきたいのが回収できる粗大ごみの種類だ。
横浜市では、家電リサイクル法に基づいた処分のため、家電四品目と言われる液晶・プラズマを含むテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機は回収できないことになっている。
また、不用になったパソコンはメーカーの方が自主回収するため市では収集していない。
自分で粗大ごみの分別が面倒な人やよくわからない人は民間業者にすべてお任せでもいいと思う。
その道のプロにやってもらった方がいいこともある。
横浜はきれいな街だ。
代表的な港や、全国的にも世界的も有名なさまざまな観光スポットがあり、ファミリーやカップルに人気の観光地だ。
また都心に近いにも関わらず晴れた日には富士山を眺めることができる。
夜にはきれいな夜景も有名だ。
新しいファッションや文化の発祥の地で、人々に愛されている街という印象が強い。
そんなきれいな街を粗大ごみなんかで汚くせずに、住民が維持していこうという気持ちが、街をもっとよくしていくのだ。


粗大ごみ回収の横浜での期間、日にち

粗大ごみ回収の横浜での期間、日にち

横浜市では粗大ごみの収集・処分は可燃物、資源物、不燃物の3区分にされていて、1度に複数個申し込んでも、ばらばらの時間帯で収集することがある。
急いでいたり引っ越しのときで一日中そこにいないなどの状況では面倒だ。
また、申し込みを受け付けてから収集まで1週間?2週間の期間がある。
収集は雨天決行だが、土日祝日や夜間の収集が可能かは、受付センターに確認する必要がある。
期間が長いと感じたり土日祝日の確認が面倒な人は民間業者に申し込むというのも一つの手だ。
即日対応してくれる業者もあると聞く。
また横浜市では、粗大ごみでも状態の良いものは再利用するといった場合がある。
再利用に回してほしくない廃棄処分希望か、再利用希望か事前に伝えておくと収集のときに効率が良いだろう。
また、横浜市では基本的には一戸建て家屋の敷地内や、集合住宅の玄関先での収集は行っていないが、高齢者や障害者、要介護認定者など、自分で粗大ごみを持ち出すことができない特別なケースであれば、敷地内や屋内に入り収集してもらうことも可能だ。
ちなみに民間業者だと特例にかかわらず部屋からの運び出しもしてくれるところもあるらしい。


横浜市で粗大ごみを捨てる時に迷ったら

横浜市で粗大ごみを捨てる時に迷ったら

引っ越しのとき、新しく家電を買い替えたとき、葬式で家を片付けているとき、何かと困るのが粗大ごみの処分方法だったりする。
普段そんなに捨てることがないから勝手がわからないのが住民の本音だろう。
今回は横浜を取り上げてこれの捨て方について書いていこうと思う。
まず、横浜市の粗大ごみの基準はというと「最長辺が金属製品で30cm以上、それ以外のプラスチックや木製品は50cm以上のもの」となっている。
気になる処理手数料は電子レンジだと500円でオルガンが1000円、最長辺が1m以上になる棚は1500円と、処理手数料は近隣の東京都と比べると全体的にやや安い印象を受ける。
粗大ごみを横浜で処理する
粗大ごみに収集シールを貼ったら、収集日の朝8時までに指定された場所に出しておかなければならない。
横浜市ではごみの収集には事前の申し込みが必須だ。
インターネットか電話で申し込む前に、物の素材やサイズを確認して大体の料金を見積もっておけばスムーズに処理が進んでいい。


ハッピーマムをはじめ、保育園の存在をどう考えていく?

ハッピーマムをはじめ、保育園の存在をどう考えていく?

実は、私も3歳の子供をもつ親です。
子供が生まれるまで仕事(体調の関係で週2回程の勤務でしたが)をしていました。
社長が色々と融通をきかせてくださり、子育てが少し落ち着く頃になったら復帰する予定でしたが、それが難しくなりました。
一番の理由は産後の不調によるものでしたが、私自身が頑張れるかな?と思っても、子供を預ける体制がきちんと整っていなかったんですね。
ちなみに、私の子供はハッピーマムのような保育所ではなく、幼稚園に通っています。
今は、幼稚園にも延長保育などのサービスがあるので、上手に時間を使って仕事をすることは可能ですが、夏休みなど幼稚園が休園になると預かってもらえないため、正社員として働くのは難しい状態です。
ところで、私の知り合いにフルタイムで働いているお母さんがおり、子供は保育園に通っています。
非認可の保育園ですが、サービスも充実しておりとても素敵な保育所です。
時々、世間で保育所での不祥事などを耳にすると、認可保育所の方が安心なのかな?とも思いがちですが、それも園によって様々なのかもしれませんね。
ハッピーマムは社長の顔がみえるので、その点でも信頼性が高いように感じます。
いずれにせよ、自分の目で確かめて、自分の家庭にあった保育所や幼稚園を選びたいですね。


ワークライフバランスを大切にするハッピーマムの企業姿勢

ワークライフバランスを大切にするハッピーマムの企業姿勢

私がハッピーマムについて興味を抱いた一つに、ワークライフバランスに対する考え方があります。
保育所を選ぶ際、多くの方は、「どんなカリキュラムを揃えているんだろうか」「子供が思いっきり遊べる園庭はあるだろうか」など、子供中心に考えるかと思います。
それは当然のことかもしれませんが、子供だけでなく、育てる親(自分)自身の生活や生き方もあわせて、検討していくべきだと感じます。
どんなに立派で素敵な保育所に入れてもらっても、親のライフスタイルのバランスがとれていないと、きっと子供たちも安心して遊んだりできないのではないでしょうか。
ハッピーマムでは、お母さんたちの心のサポートもしてくださっているようなので、そういう点では理想的だと思います。
尚、ハッピーマムの社長は、自らがまさにライフワークバランスを実践されているとのこと。
実際、彼女の一日の過ごし方がホームページにも載っており、働く女性の生活をリアルに感じることができます。
こうした取り組みは社員のやる気にもつながり、また、多くのお母さんたちのお手本にもなるのではないでしょうか。


東京都認可・認証保育所、ハッピーマムとは

東京都認可・認証保育所、ハッピーマムとは

働く女性が増え、子供ができても仕事を続けたいという女性が多い中、待機児童の問題が各地で起きています。
つまり、保育所の数が相対的に足りないわけです。
そうした保育所の一つであるハッピーマムは、東京の茗荷谷や門前仲町、東雲などを拠点とする保育所です。
ちなみに、茗荷谷の保育所は認可保育所で、その他の保育所は東京都認証保育所となっています。
この違い、私はよく知りませんでしたが、認可保育所が国が定めた設置基準をクリアしており、都道府県の知事が認可した施設だそうです。
ハッピーマムならではのメリットをチェックする
一方、認証保育所は東京都が独自に定めた基準(大都市であるがゆえに国基準での設置が難しいため、都民のニーズに応えるべく制定)をクリアしている施設ということです。
ちなみにハッピーマムは、体操教室やリトミックなどのカリキュラムがあり、とりわけ英語教育においては力を入れていそうです。
尚、ホームページでは一部のプログラムが英語で説明されており、グローバルな印象を受けます。


インプラント治療を手掛ける名古屋の歯科医院

インプラント治療を手掛ける名古屋の歯科医院

ちなみに、名古屋市でインプラント治療の相談ができる歯科医院の数は、300件を超えます。
正直、治療費はかなりかさみますが、歯は健康に生きていくためにとても大切な部分ですので、安さや手軽さだけでなく、本当に信頼できる腕の良い歯科医院を選びたいですね。
また、インプラント治療は、人工の歯根を骨に埋め込む・・・という、ちょっと手術的な要素も含むので、アフターケアがきちんとしていることも重要なポイントになるかと思います。
それゆえに、インプラントに対して少しこわい印象を受ける方もいらっしゃるかと思いますが、最初から一人だけで治療法を決めるのではなく、歯の状態を見ていただいた上でしっかり相談にのってもらうのが得策だと思います。
ちなみに、病気や事故などによってあごの骨が失われた場合、保険適用になるケースもあるようですよ。
東京に劣らず、名古屋にもインプラント治療を手掛ける評判の良い歯科医院がたくさんありますので、色々と調べてみてはいかがでしょうか。


おしゃれ女子が多い名古屋のインプラント事情

おしゃれ女子が多い名古屋のインプラント事情

名古屋というと、結婚式が豪華で費用がすごい!なんて話を聞きますよね。
あとは、女性が派手とか・・・。
見栄っ張りなんて言われ方もしますが、それだけ美意識が高い証拠でもあるのではないでしょうか。
では、芸能人は歯が命、ともいわれるくらい重要な歯の美容についても、気を遣ってる名古屋女子は多いかもしれませんね。
歯の美容といえば、歯並び矯正、ホワイトニングなどありますが、今やインプラントも美しい歯に欠かせない治療法の一つになっているようです。
ところで、差し歯とインプラントの違い、皆さんはご存知ですか?私は、正直なところ、知りませんでした。
実は、社会人になった頃から歯が急激に悪化し、現在は数本ほど差し歯の状態です。
ただ、歯医者さんからは「差し歯」という明確な言葉を頂いたことはなく、「保険適用のプラスチックの歯にしますか?それとも、保険はききませんがセラミック等の歯にしますか?」と聞かれるため、もしかしたら保険適用外のものがインプラントなの?とか思っていた程です。
名古屋女子の皆さんには、もはや常識?

歯にもお金を惜しまない名古屋女性にはインプラントがお勧め!

私は名古屋女子でもなく、おしゃれにさほど気を遣うタイプでもないので、インプラントを検討したことはありません。
お値段も高いですしね。
幸い、これまではセラミックの差し歯で対応できたので良かったのですが、歯を抜かざるを得なくなった場合はやはり考えることになるでしょうか。
だって選択肢は、他に「歯が抜けたまま」「入れ歯」「ブリッジ」くらいしかありませんからね。
もう少し高齢になったら考え方が変わるかもしれませんが、現段階ではなるべく入れ歯は避けたいと思ってしまいます。
入れ歯はとにかくお手入れが大変そう!また、口臭の悩みが生まれるのでは?と思うとちょっと心配です。
名古屋市内のインプラント治療対応歯科
一方、ブリッジは、その言葉通り、残っている歯を利用した治療になるため、健康な歯に多少の負担をかけてしまいます。
いずれもインプラント治療に比べて低コストに抑えられるのは魅力ですが、美意識の高い名古屋の女性は、お年を召してもきっと歯の美容にお金を惜しまないのでしょうね!いずれにせよ、歯を失わなくてすむように、日頃からお手入れには十分に気を付けたいものです。


テニスは昔から高貴な方々が試合を楽しんだ

テニスは昔から高貴な方々が試合を楽しんだ

乗馬と並んで皇室で愛されるスポーツといえばテニスである。
ゴルフも確かに富裕層には愛されるスポーツであるが、皇族の方々がなさるとなると警備上の問題等がでてくる。
その点テニスコートは皇居の中にもあり、手軽に楽しんでいただけるというところか。
そういえば軽井沢のコートで試合をしたことがきっかけで結ばれた皇室カップルがいらっしゃったことをひと昔前の方ならご存じだろう。
だから、この世代にとっては高級なスポーツというイメージがとりわけ強い。
テニスが日本に入ってきたのは文明開化の時代に溯る。
ただし、最初は二人のプレーヤーが壁に向かってボールを打ち合い試合をするというスタイルで、今でいうスカッシュのようなものであったようだ。
そういえば、あのフランス革命の発端となったテニスコートの誓いのことを球戯場の誓いということもある。
そこで行われていたのがやはりスカッシュのようなものであったとのこと。
球技ではなく球戯と表現されることから、勝負にこだわる試合というよりは、高貴な方々が嗜む遊戯であったのかもしれない。

応援ではない、優雅に見守るテニスの試合

目まぐるしい動きのある球技のなかにあっても優雅なイメージをもつテニスであるが、そのことは、プレーヤーのみならず、試合を観戦する人たちにも由来するよう思える。
野球やサッカーを観戦に行く場合、応援する選手たちとともに燃焼するというイメージだが、テニス観戦のイメージは静粛と忍耐という言葉にまとめられるかもしれない。
プレーヤーがサーブを放つその瞬間は呼吸さえも止めて無音の状態を作り上げなければならない。
選手の力が拮抗していて長いラーリーが応酬されるような高度な試合となれば、試合時間は4時間を超える場合もある。
それでも、忍耐強く見守り続けなければならない。
応援するというよりは、まさに見守るという言葉がぴったりである。
流石に皇族の方々が愛するスポーツである。
ストレス解消のためにスポーツ観戦に行くということもあるが、テニス観戦に限ってはその対極の精神修養的なことにさえ思えてくる。
それだけに実力の拮抗した高レベルな試合を見終わった後の充実感は格別なものとなる。

テニスの試合で心がけたい観客としてのマナー

テニスの試合観戦時に心がけたいことをまとめてみる。
まず、インプレー中は一切の音を立てないこと。
そのため、事前に携帯機器については電源を切るかサイレントモードにすること。
飲食が禁止されてない観戦席でも、音がでるような食べ物は控えること。
応援時の服装もコスプレやかぶりものはテニス観戦にはそぐわない。
観客と選手との距離が近いため選手の視界に奇異なものが入らないような心がけが必要だ。
試合中の観戦席での移動はチェンジコートの時しか許されないため、トイレ等は事前に済ましておく必要がある。
テニス試合に参加したい
応援に関しても良いプレーを称賛する拍手はいいが、ひいき選手へのコールや、相手選手へのヤジは慎むこと。
こうなるとテニスの試合観戦は、スポーツ観戦というより、クラシック音楽のコンサート鑑賞と対比させてイメージした方がいいかもしれない。
クラッシック音楽でも演奏終了後には感動した観客からブラボーの声がかかることがあるように、実力伯仲の高レベルの試合の終了後には、選手双方を称える声が自然と湧き上がるものだ。


フライパンひとつで人気のお菓子を作ろう

フライパンひとつで人気のお菓子を作ろう

お菓子作りというと、材料を用意して器具も沢山必要でなにかと面倒ですよね?後片付けにも時間がかかるので、つい手作りを諦めていませんか?しかし、お手持ちのフライパンを使って美味しいお菓子が作れるとしたら、どうでしょうか?お仕事で忙しいお母さんでも、簡単に調理することが出来ます。
例えば、定番のホットケーキは子どもたちから絶大な人気を誇っています。
シンプルでもいいですし、黒糖を入れて健康志向で楽しむのもありです。
また、クッキーやケーキ・どら焼きなどもフライパンを利用して作ることが出来ます。
子供のおやつに人気の蒸しパンやミルクレープなども作ることが出来ます。
様々なフライパンレシピが、書店のお菓子本コーナーやインターネットの検索エンジンで紹介されています。
これから暑くなりますので、プリンなどもオススメです。
お菓子作りを通して親子の会話が増えたり、絆が深まったりして一石二鳥です。
是非一度お試しください。