日中貿易の歴史と日本産業の進出

21 8月 2015 | 未分類

日中貿易の歴史と日本産業の進出

日本は古くから、中国との貿易が盛んです。

一番古いのは長崎の出島との交流が最初だといえます。

それから、幾度となく、日中貿易が繰り返されることで互いの国の距離を縮めるきっかけになりました。

1970年代は、鉄鋼や化学肥料を日本が輸出し、中国からは石油、繊維原料、糸・織物などを輸入するようになり、2000年代になりますと、輸出入の日中貿易の幅が広がって行きました。

日本からは電気機械や化学品、日本の機械製品や製品技術なども輸出し、中国から大量生産されたパソコンや電気機械、衣服などが輸入という形で来るようにました。

日中貿易の実情は、2004年から、日本と中国の産業においての成長は目覚ましく発展しています。

日本にとって、戦後から貿易の相手国となったのは中国です。

中国は質より量を求めた大量生産と低価格での取引が魅力です。

中国は2008年の北京オリンピックを機に個人の消費が増加しています。

自動車やマンション購入、モバイル商品の普及などがそうです。

特にモバイル商品である、携帯電話の普及は日本と同様に目覚ましく、日本で購入するよりも低価格で購入できます。

 割安ショップで見る小さな日中貿易

最近では、日本市場でも世界市場でも、今や100円ショップの店舗はどこにでも展開しています。

その源になる商品は、ほとんどが中国で大量生産された商品になります。

文房具から、生活雑貨、食品に至って幅広いジャンルの商品がメイド イン チャイナで占められています。

しかしながら、欠陥商品も珍しくなく、消費者が割り切って購入するしかありません。

以前の年代別でみる日中貿易とは少し変化が出てきました。

以前は、大まかなものが多く、石油、繊維原料、糸、織物、衣服などでしたが、現在では、日本の生活において、手軽に求められる商品、日用雑貨などです。

ところが、中国の100円ショップには逆に日本製品が多く、日本の商品は欠陥がないので、評判が良いです。

日中貿易が展開される市場は様々です。

割安・激安とつく価格には日中貿易の関わりが重要になって来ています。

通常のビジネスサイドでも日中貿易の関わりは日本と中国の懸け橋になる存在です。

互いの貿易向上にも利益にも反映されて、良い意味で日本と中国の距離を縮めていると思われます。

日中貿易からみる中国の存在

2007年から少しずつ、日本と中国の間に起こる日中貿易に変化が起きてきました。

食への安全性が問われるようになり、中国の食品輸入にもその影響は大きいものでした。

それでは、日本と中国との架け橋を担ってきた日本産業はどうでしょう。

日本の技術と商品を通して、モバイル端末、デジタル家電などの関連商品やエアコン、冷蔵庫、加湿器等のフィルター製品、光通信関連の部品と多数の品目にはどのような影響があったでしょうか。

PM2.5で揺れている中国に対して、食への影響はなかったようです。

国をあげて、中国の大気汚染を一掃させることを躍起になっていますから、大気汚染が終息すれば食への安全性の考え方も変化があると思われます。

最大の悩みである大気汚染を一掃するには、日本の高技術の支援が必定です。

ですから、今、いろんな諸問題がありますが、日中貿易からみる中国の存在は、けん制しつつも、サポートしたい貿易相手国になると言えます。


Comments are closed.