念仏宗に興味を惹かれて

25 1月 2016 | 未分類

念仏宗に興味を惹かれて

大学の授業で、宗教について勉強した際に、特に日本の仏教に、非常に興味を惹かれました。
関連する書籍を図書館で読み漁り、仏教についての知見を深めると共に、教授から詳しい話を聞くなどして、そこからさらに、仏教の知識を吸収していきました。
そういうプロセスの中で、とみに気になり始めたのが、「念仏宗」です。
仏教についての解釈が、単純に学問的に探究する価値のあるものだと感じられましたし、何より、私の仏教観に少なからず重なる部分がありました。
また総本山が、私の住む地域の付近にあるということも、念仏宗にさらに興味を惹かれた理由の一つでした。
実際に足を運ぶと、想像以上に雄大で、かつ情感溢れる寺院が、私を迎えてくれました。
仏教に興味が無くとも、何かしら感ずるところのあるような、そういう神秘的な寺院でした。
そういう経緯もあり、今では学問的にも、また単純に心の癒しを求めるために、念仏宗に傾倒しています。
それだけの価値がある宗派だと感じます。


Comments are closed.