仲介手数料と不動産会社について

29 2月 2016 | 未分類

仲介手数料と不動産会社について

仲介手数料は、不動産が受け取るお金です。
この仲介手数料には上限があります。
この上限を超える金額を受け取ってしまうと、違反になってしまいます。
宅建建物取引業法という法律です。
この上限金額は、売買代金の金額で異なります。
計算400万を超える物件は、速算することができます。
計算の仕方は、売買価格×3%+6万円+消費税です。
これで上限額を出すことができます。
そして、売買の契約が成立した時に、金額が発生します。
なので、契約が成立するまでは、請求することができません。
例えば、不動産会社は、依頼者の希望で遠隔地に行った場合、その出張旅費や、広告宣伝などの、通常では行わない販売活動などの費用は、仲介手数料とは別に請求することができます。
そして、不動産会社に、少しでも疑問を感じたら、納得するまで確認することを心がけましょう。
不動産会社はたくさんありますが、中には注意すべき会社も存在するので、気をつけましょう。
信頼できる不動産会社を見つけましょう。


Comments are closed.