仲介手数料の必要性

29 2月 2016 | 未分類

仲介手数料の必要性

仲介手数料は、なぜ必要なのか、知っていますか?そして、どうして存在するのでしょうか?簡単にご説明します。
まず、仲介会社と売主の関係に仕組みがあって、仲介会社を通さないと、物件を購入することができないのです。
そして、不動産仲介会社は、買主と売主の両方の間に立って、一般の人である買主の代わりになって、色々な業務を代行します。
その業務は主に、諸条件の交渉をしたり、住宅ローンの税金の説明などです。
そして、重要事項が書いてある説明書を作成して、読んで、交付します。
なので、仲介会社には大きな責任が発生します。
仲介会社の必要性は、買主と売主のトラブルを防ぐことと、複雑な業務を遂行することにあります。
仲介手数料は、第三者であるプロに、物件を判断してもらうので、必要経費と言えます。
そして、不動産コンサルティング事業などの、一般の人が持っていないような、専門の知識・経験が必要な業務なので、別途の費用が必要になります。


Comments are closed.