映像に合わせた表現、ナレーションのうまさ

02 3月 2016 | 未分類

映像に合わせた表現、ナレーションのうまさ

ナレーションってよくききますが、いったいどんなお仕事なんでしょう。
一言で表すならば、映像に合わせて話す「声の表現」です。
何気なく見ているテレビ、ニュースでもバラエティでも、ナレーターの声が聞こえてきます。
この自然体に聞こえてくる声こそ、ナレーションです。
映像を見ている人に「説得力」を与え、「注意をひきつける」大切な役割です。
一般的な芸能人の方のように、顔が映像にでることはほとんどありませんが、れっきとした芸能の一部です。
華やかさとシビアさがある世界です。
それぞれのジャンルで必要とされる技術も全く違うことも、ナレーションのむずかしさではないでしょうか。
報道の場合では、しっかり読みの技術が必要です。
情報番組やバラエティの場合には、多彩な表現力やその人のオリジナリティが必要になってきます。

また、すべての仕事において、正確に読む完璧さが求められます。
それだけではなく、さらに最新の時事ネタも必要になってきます。


Comments are closed.