中古機械って?

18 4月 2016 | 未分類

中古機械って?

中古機械と一口にいっても、工作機械を始めとして、建設機械・木工機械・食品機械などがあります。
さらにそれらを細分化してみると、工作機械には歯車・旋盤・研削機・ボール盤・精密切断機(スライサー)・面取機などがあります。
建設機械には、ショベルカー、ホイールローダー・ブルドーザー・道路の舗装用機械・クレーンなどがあります。
木工機械には、切断機・研磨機・穴あけ機・プレス機などがあります。
食品機械には、混合混練機械・分散機械・切断裁断機械・ボイラー・タンクなどがあります。
他にも溶接機械というのもあり、アーク溶接機、TIG溶接機、エンジン溶接機、スポット溶接機などがあります。
機会という大枠で捉えると、リフターやキャビネットなどの物流用品や、洗浄機や乾燥機、冷房用品なども中古機械市場で売買されているようです。
このように、一口に中古機械といっても、本当に様々な種類があり、一個人としてはなじみが薄いものの、調べてみると奥深い世界が広がっていました!

中古機械輸出入の裏側

日本は多様な機械を生産することで国内の経済を発展させてきました。
また、海外への輸出も活発で、今も自動車の輸出額は高水準を保っています。
海外に中古機械を輸出するのに、諸国で輸出入禁止項目が定められています。
例えば、タイではゲーム機やバイクの中古エンジンなどが禁止対象です。
輸入許可必要項目は中古機械でいうと、中古車や輸送機械・チェーンソーなどがあります。
海外との活発な貿易の裏には、諸国の規制を考慮した上での駆け引きが行われていたのですね。
では、日本の輸出入規制はどうなっているのでしょうか。
調べてみたところ、機械貿易の健全化を図ることを目的にした組合があるそうです。
中古機械でコストカット
関係各所250社からなり、貿易投資環境の改善、貿易リスクやセキュリティ対策に力を入れており、国際競争力を強化していくことが役割のようです。
日本には天然資源が少ないため、海外輸出の円滑化や活性化が国際競争力を高く保つために、これらの取り組みはとても意義深く感じられますね。


Comments are closed.