中古機械の流通形態・売買方法

18 4月 2016 | 未分類

中古機械の流通形態・売買方法

今回は中古機械の流通について調べてみました。
どの流通も同じですが、ものの売買には売り手と買い手が存在します。
中古機械に関しても例外ではなく、入札会や仲介業者が多数存在します。
入札会は複数の買い手が入札金額を設定し、その中で最も高値をつけた買い手へ購入権が与えられます。
一方、卸売会は、いうなれば早い者勝ちの形式となります。
入札会や卸売会の対処は主に機械商に限られています。
また、遠方で実施されるものも多く、需要が都心よりも地方で高いものと推測できます。
業界の方以外はあまり中古機械に馴染みはないと思いますが、調べてみるとその奥深さを感じられるかもしれませんね。
一方、購入すると巨大な機会を保有するためのスペースを確保する必要があります。
そのための格納庫を用意することになり、長期的に保有することが決まっていないと、購入に踏み切るのは難しいです。
そこで、中古機械を有期でレンタルする業者もおり、利用者は多様な利用形態を選択できるようになっています。


Comments are closed.