ハッピーマムをはじめ、保育園の存在をどう考えていく?

14 6月 2016 | 未分類

ハッピーマムをはじめ、保育園の存在をどう考えていく?

実は、私も3歳の子供をもつ親です。
子供が生まれるまで仕事(体調の関係で週2回程の勤務でしたが)をしていました。
社長が色々と融通をきかせてくださり、子育てが少し落ち着く頃になったら復帰する予定でしたが、それが難しくなりました。
一番の理由は産後の不調によるものでしたが、私自身が頑張れるかな?と思っても、子供を預ける体制がきちんと整っていなかったんですね。
ちなみに、私の子供はハッピーマムのような保育所ではなく、幼稚園に通っています。
今は、幼稚園にも延長保育などのサービスがあるので、上手に時間を使って仕事をすることは可能ですが、夏休みなど幼稚園が休園になると預かってもらえないため、正社員として働くのは難しい状態です。
ところで、私の知り合いにフルタイムで働いているお母さんがおり、子供は保育園に通っています。
非認可の保育園ですが、サービスも充実しておりとても素敵な保育所です。
時々、世間で保育所での不祥事などを耳にすると、認可保育所の方が安心なのかな?とも思いがちですが、それも園によって様々なのかもしれませんね。
ハッピーマムは社長の顔がみえるので、その点でも信頼性が高いように感じます。
いずれにせよ、自分の目で確かめて、自分の家庭にあった保育所や幼稚園を選びたいですね。


Comments are closed.