猫は家につくのか人につくのか?村上豊彦の疑問

20 7月 2016 | 未分類

猫は家につくのか人につくのか?村上豊彦の疑問

どうも村上豊彦です。
今日のブログの内容は大学で1番、私と猫談話をしている友人の家に遊びに行かせてもらいました。
実は友人は実家から大学に通っています。
けして大学から近い所に住んでいる訳ではないのですが愛猫から離れられないのが理由みたいです。
もちろん村上豊彦の猫ブログも毎回チェックしてくれています。
友人の実家には猫に会いに何回かお邪魔させてもらっています。
猫の名前はブチ、ブチは名前とは違ってぶち猫ではありません茶色と黒がゴチャゴチャと混ざったメス猫です。
人懐っこくてつぶらな瞳で可愛いブチと離れられない友人の気持ちが良くわかります。
村上豊彦の猫豆知識と言いたい所ですがこれは皆さんご存知だと思います、猫は犬と違い人になつくことより家になつく方が多いとよく言われています。
しかし現代ではそれも違うのではという見解も出てきました。
何故なら猫は人の顔を認識しているからです。
猫にとって環境の変化は禁物、家は確かに安らげる場所そして、そこに住む人たちは猫にとっては安心できる人。
村上豊彦の勝手な考えになってしまいますが、家にも人にもどちらにもなつく猫は、人間が思っている以上にとても愛情深い動物なのかもしれませんね。


Comments are closed.