良質の家をウィズワンで

12 7月 2016 | 未分類

良質の家をウィズワンで

私の実家は築25年くらいになるのですが、すでに所々老朽化が進み、壁や内装が傷み始めています。
良い家とは何なのかを調べているうちにウィズワンのことを知りました。
自然素材へのこだわりや、デザイン性と実用性を両立したような建物の雰囲気は本当にいいなあと思いました。
古い家でも、良い雰囲気を保ったまま年月を重ねたものもあるのに、実家の疲れたような感じは何なのかと落胆してしまいます。
老いてもなお輝きを失わない活力ある人物と同じように、家という建物も年月を超えて魅力を保ち続けることは可能なのでしょうか。
それには、環境に適した設計と素材が必要で、耐久性・持続性のある構造でなければならないのでしょう。
素人ながらにそんなことを考えました。
木造住宅においては、何が重要なのか。
また、実家のように寒い雪国に適した建築はどのようなものなのか。
ウィズワンの考え方に対処法があるのかもしれないと思い、さらに調べてみることにしました。

ウィズワンの素材へのこだわり

建物の素材にも様々のものがあるようですが、壁や床、住宅の細かい部分にまで、こだわるウィズワン。
良い家は良い素材が集まって初めて成り立つということでしょうか。
しかも、外見が落ち着いたものから、洗練されたモダンな雰囲気のものまで、単に原料素材だけでなく、その見た目も重視しているのが嬉しいですね。
何だかドラマのワンシーンに出てきそうな、おしゃれな部屋になったら、住む人もときめくはずですものね。
私個人としては、斬新なテイストのコンクリート柄や、白を基調としたデザインも好きです。
壁も、いつも目にするものですから、ある程度見ていて落ち着く色がいいですね。
部屋全体、建物全体に、ある種のこだわり・コンセプトがあれば、違和感なく映える雰囲気が生まれそうです。
家というものは設計やデザインは意外に重要なんだなあと改めて感じました。
ウィズワンの設計を信用する
自然な素材による家造り。
そんなウィズワンの姿勢はいい感じだと思います。
新築は少しハードルが高いので、リフォームなどやってくれるのでしょうかね。


Comments are closed.