一生懸命水泳の練習をして成果を見せた想い出のプール

28 8月 2016 | 未分類

一生懸命水泳の練習をして成果を見せた想い出のプール

私たちは小学生の頃、夏になれば体育の時間は水泳になり、プールへ入りました。
夏休みに入れば指定された回数分、登校して毎日のようにプールで泳ぎ、その都度25m、50m、100m、200mという距離や、25mを何秒以内、50mを何秒以内というように、日頃の泳ぎのテストを受け、合格すればその証明となる赤い線や黒い線を水泳帽に付けました。
そして終わった後は登校水泳証明のはんこをカードに押してもらったものです。
また夏休み中には遊園地へも足を運び、川のように流れるプールや、スリル満点の大型滑り台などで、まる一日中思う存分遊んだ想い出も甦ってきます。
泳ぎに自信がなかった人は、親や兄弟、友達が見守る中で一生懸命練習しました。
何度も何度も練習を重ねれば自信が着きます。
そして9月の新学期の体育の時間に、その練習の成果を先生やクラスメートに見せて、拍手喝采を浴びた想い出もあります。
大人になった今も、私たちの子供の頃の想い出話には、必ずプールが出て来ます。

大小様々なプールと、その向こうに広がる大海原

夏休みになると誰もがプールへ行きたくなります。
子供たちはバシャバシャと水をかけ合い、大人も童心に帰って子供たちとはしゃぎます。
全国各地には、海のそばにある大型プールも少なくありません。
特に太平洋側に多いようですが、開園するのはほとんどの所で7月上旬。
幼児用や一般用から、1周300m近くて川のように流れたり、一定の時間になると海のように波が押し寄せて来たり、滝が流れ落ちたりなどの大小様々なプールや、高い所から水の中へ突っ込んでゆくジャンボ滑り台など、時間の経過を忘れてしまうほど楽しい夏の一日を過ごせるでしょう。
専用車椅子や昇降リフトなどバリアフリーも完備している他、水深が20cm〜40cmという場所が多いので、小さな子供やお年寄りも安心して水遊びを楽しめます。

また売店や食堂もあるため昼食の心配もいりません。
向こうには太平洋の大海原が広がり、プールから上がって休めば、波音と潮風がたまらなく心地良い、忘れられない夏の一時となるはずです。


Comments are closed.