月極駐車場経営が似合う町である巣鴨

17 8月 2016 | 未分類

月極駐車場経営が似合う町である巣鴨

宇宙ステーションかもしれないと本気で思っていた。
小学校のときテレビがある教室に全学年の生徒が集まってそんなに大きくない白黒画面に集中していた。
月面だ。
インベーダーのような装いの飛行士が月面に脚を下ろし、星条旗を立てた。
だから、アパートのとなりに月極駐車場とあるのを、ここは将来、日本も月に行く計画があってそういう車が止まるところだと、勝手に決めつけていた。
巣鴨の商店街は今日も賑わっていた。
久しぶりに帰ってきて、月極駐車場の看板をみて、小さい頃の自分を思い出していた。
そんな感慨には浸っていられなかった。
今日中に、この辺りで目ぼしい用地を見つけてオーナーにアプローチしたいと思っていた。
それでも、ようやく自分で店舗が持てる誇らしさを昔の知り合いが気づいたらどんな反応するだろうとか、まだ思う余裕はあった。
そうだ、あそこの叔母さん大きな家に住んでいたけど今どうなっているのだろう。
近頃の主流は月極駐車場にするよりも、いわゆるコインパーキングを導入する希望が多くなっている。
しかし巣鴨のような地元意識の強い場所は、月極駐車場を選んでくれるはずだという妙な確信があった。

巣鴨の大きく古い家を3階建住宅と月極駐車場にする大改造計画

私が目星をつけた叔母さん夫婦は案の定子供たちは皆独立して、二人だけの生活になっていた。
私はいけると思った。
古くて大きい家、いや大きすぎる家、そして巣鴨では珍しく土地も十分あり、条件が揃っていた。
ここを取り壊し、3階建ての現代風のこじんまりとした機能的な家にする。
土地は現状の4分の1で良さそうだ。
あまった土地を月極駐車場にする。
勿論それなり出費はあるが、駐車場収入を考慮すると採算が合う。
叔母さん夫婦は、孫たちが遊びに来たとき快適に過ごしてもらえることが一番の条件だと言った。
だから、3階に子供たち家族2組泊まれるよう間取りを取る提案となった。
駐車場については、近所の方がコインパーキングで成功しているというのでそれも検討したが、月極駐車場料金を相場より落として満車状態にすれば採算が安定することを紹介した。
巣鴨のこのあたりだと、安い月極駐車場を探しているが、条件にあわず仕方なくコインパーキングの、長時間割引を利用している企業が意外に多いことを私は知っていてこの提案に自信を持っていた。

巣鴨での月極駐車場導入と皆が喜んでくれた3階住宅への建て替え

叔母さん夫婦は私の提案に納得してくれた。
久しぶりの大きな仕事だ。
建坪は、わずか15坪ほどでカースペースはビルトインとした。
残りの50坪ほどを月極駐車場にする。
巣鴨の相場より低めの設定でもかなりの料金収入が期待できる。
先日、家が完成し様子を見に行くと早速お子さん夫婦がいらしていた。
その夫婦のご主人は小さい頃一緒に遊んだ仲間だ。
お互い年取ったなあとか言い合って久しぶりに楽しかった。
そしてご夫婦のお子さんたちが3階がとても気に入ってベランダからはしゃいで顔を出していて、今回の提案をしてよかったなあとつくづく感じた。
叔母さん夫婦が孫たちがはしゃぐのを目を細くして見て満足そうにしていたのも印象的だった。
私としては、巣鴨の一等地にでかでかと月極駐車場募集と書いた我社の会社名が入った看板を立てて、なんども見直し満足していた。

事務所に連絡を取ると、早速駐車場利用希望の問い合わせが入ったとのこと。
叔母さん夫婦が長らく幸せに暮らしていくことと、私の商売がこれからも順調であることを祈願しに近くの神社に出かけた。


Comments are closed.