レーザースクライブは経済性を維持できる大量生産を可能にします

27 11月 2016 | 未分類

レーザースクライブは経済性を維持できる大量生産を可能にします

現在、スマートフォンや液晶テレビを保有している人はどれぐらいいるでしょうか。
というよりも、保有していない人のほうが少ないのではないかという実感が伴います。
それらのフラットパネルディスプレイを使用した製品は、市場に大量に流通しているものの、残念ながらまだまだ高価なものであるという印象があります。
それらが安価に入手できたらいいなと思うのは私だけでしょうか。
その鍵の一端を担うのが、レーザースクライビングという技術です。
レーザースクライビングとは、レーザーの照射によりガラスを切断する加工方法のことです。
レーザーによる加工は高速な処理ができる為、高い生産性が可能になります。
その為、大量生産による経済的優位性が見込まれるのです。
スマートフォンや液晶テレビなどは今は高価な機器ですが、レーザースクライブが応用され一般化されれば、それらの製品が安価に買えるようになるかもしれません。
レーザスクライブでできること
近い将来そのようなことになった時、レーザー加工の新技術であるレーザースクライブのおかげかもしれないと思い出してみて下さい。


Comments are closed.