吹田市の閑静な住宅街に佇む新築一戸建て不動産物件

13 1月 2017 | 未分類

吹田市の閑静な住宅街に佇む新築一戸建て不動産物件

大阪府のやや北部に位置する吹田市は人口約38万人。
すぐ南には大阪市があり、吹田市内だけではなく大阪市方面や豊中市方面、さらには県境を越えて神戸市方面へ通勤、通学する人も多い事から、その分不動産物件も多く見られます。
新築マンションや中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、アパートなどの情報がインターネット上でも多く紹介されていますが、市内を走る主要鉄道線沿線に新築一戸建ての情報もあり、これから将来いつかの目標として考える人も多い事でしょう。
間取りは4LDKで延べ面積は約100平方メートル、価格は約3300万円、日当たりは良好でしかも香り豊かな木造住宅、複数台駐車可能な駐車場、24時間換気システム付きで快適な生活空間、さらにはバリアフリーも完備されており、吹田市の中でも代表的な不動産物件と言えます。
仲介手数料は無料、最寄駅からも徒歩10分以内なので通勤、通学にも困りません。
吹田市内に不動産物件を購入するなら、閑静な住宅街の一角に位置する一戸建てがベストでしょう。

日本の高度経済成長の見本となった吹田市の大型不動産物件

1960年代にお目見えした広大な大規模集合不動産物件、1970年代の国際的大型イベント開催など、大阪府吹田市は日本の高度経済成長時代の象徴的な街であると言っていいでしょう。
特に、近隣の豊中市にまで広がる大規模集合住宅地の登場は、その後の日本各地での大規模集合住宅建設ラッシュの引き金となったと言っても過言ではありません。
1960年代の完成そして入居開始当時は交通網も未発達で「陸の孤島」などと呼ばれましたが、後に開催される国際的大型イベント開催に向けて、急速に交通網が整備されます。

自動車道路だけでなく各鉄道線やバス路線、空港までが新しく整備され、日本の代表的都市である大阪市や、さらには世界を結ぶ交通機関の要衝となった場所こそ、吹田市であると言えるでしょう。
現在ではこの大規模集合住宅地の面積内に、幼稚園や保育園、小学校、中学校、高校、大学、短大、インターナショナルスクール、さらには図書館や大型商業施設、大型事業所、行政機関まで存在しています。

キャリムエンジニアリング

吹田市の不動産は、日本という国の発展の象徴であった事は間違いありません。


Comments are closed.