福祉施設のテーブルは違う

18 1月 2017 | 未分類

福祉施設のテーブルは違う

怪我や病気で福祉制度を使うことってありますよね。
そういう施設に通えるならいいかもしれませんが、自宅で福祉のテーブルが必要になることもありますよね。
今、いろいろな器具が商品として出ているそうです。
車椅子はもちろん、電動ベッドや自助食器と言ってお皿の片方だけふちがもりあがっている食器とかもあるみたいです。
普段、生活しているとあまり気にしないものですが、ご家族や身内に怪我をされてしまった方が出た時ってどうしようとか悩んじゃいますよね。
しかも今まで健康に過ごしてきたら尚更どうしようとタジタジになってしまうのではないでしょうか?実際に体が動かなくならないとそのテーブルやベッド、食器等の使い心地はわかりません。
何故そうなっているのか、そしてそれをどのようにしてあげたら使いやすいのか、そういうお話も聞けるといいですね。

福祉系のものとってちょっと特殊ですからテーブルひとつとってもいろいろあると思うんです。
施設に預けられないでご自宅でとなると大変なのではないでしょうか?


Comments are closed.