独自のルールがあるキャビンアテンダントの学校

28 2月 2017 | 未分類

独自のルールがあるキャビンアテンダントの学校

快適な空の旅のサポートをするのがキャビンアテンダントの仕事です。
昔から多くの女性の憧れの職業の一つでもあります。
今でも早く活躍したいと思う人が学校に通って技術を磨いています。
ですが通常の所とはいくつか違いがあるのが特徴です。
まず第一に身長を調べられます。
あまりにも低いと飛行機内の荷物を上げ下げ出来ないのでなれません。
ですが、この学校は色んな学科に分かれており、例えば整備関係だったり事務関係や空港に関する仕事の細かい部署に分かれています。
一番華になるのがキャビンアテンダントの学科になります。
それから、髪を必ず黒く染め直して入学しなくてはいけません。
それから、メイクもみっちりと勉強します。
髪の結び方や服装や礼儀作法に関する事を一から勉強する場所です。
それに国際線の飛行機に搭乗する場合には、様々な国の語学を修得しなくてはいけないのです。
ですが、主に学校で学ぶ語学は英語になります。
世界共通の言語だからです。
その為、時間割りがとても細かくなっています。
キャビンアテンダントの学科はとても忙しいそうです。

キャビンアテンダントになる為には学校に通いましょう

飛行機に関する事についても知らないといけません。
キャビンアテンダントは機長のサポート役になりますが、表舞台の多くの仕事を請け負っている重要な役割なのです。
学校では、前の記事でも紹介したように、メイクや語学の勉強も行うのですが、その他にもとても大切な訓練も受けなくてはいけません。
いつ何時に襲う緊急事態の為に、人々の混乱を鎮めて速やかに行動する事が命を守る為にはとても大事な事です。
ハイジャックやテロの場合に備えた訓練や、気候の変動により機体が大きく揺れる時もある為、そのような揺れにも耐えなくてはいけません。
脳の三半規管を鍛える事も必要になります。
それに、人々の注目を集めるようになるので綺麗な歩き方や作法も学ぶのです。
ヒールの高さも飛行時間によって変わってくるのでその都度履き直す必要があります。
キャビンアテンダントは靴の消費がとても激しい仕事でもあります。
将来、キャビンアテンダントになるなら学校に通うべし
立ち仕事で重労働なので体調を崩しやすいので健康管理もとても大切にしています。
キャビンアテンダントは毎月必ず学校に通っていても健康診断を受けなくてはいけないようになっています。


Comments are closed.